あなたに会えたあの日から

生まれる前のやくそくが、今、現実になる

現実直視


こんにちは。nicosaです。




今日は、いつもわたしが母に言われること、いつも気を付けていることをお話しします。






子どもの頃、
今もかもしれません、
わたしは静物と話をするような人で、



ともすれば、
自分の心の中の世界に、
閉じこもってしまいます。



些細なきっかけでも、

とても簡単に、

鍵をかけて。

誰も入れないように。




そんなわたしを、
叔母はいつも、
「夢見る夢子ちゃん。」
「不思議ちゃん。」
と呼びます。


叔母は、学校卒業後、広告代理店に勤めました。退職し、フリーのイラストレーターになりました。結婚をせずに、今も一人で暮らしています。



結婚をしない女性、

自立した女性、


そんな女性がまだ少ない時代に、

自分の働いた対価をもとに、
生活し、余暇を楽しみ、自由に、
生きてきた女性です。



叔母は、
何も言わないし、
人前で涙を見せたりはしないけれど、


いつも、

現実と、

たった一人で、

戦ってきたのかもしれません。



そんな叔母から見れば、
すぐに現実逃避してしまうわたしは、
「不思議ちゃん。」
そう見えたのだと思います。



わたしは、
今までに、3回、
引きこもりになっています。


いつも、そこから引っ張り出そうと背中を押してくれるのは、母でした。






母は叔母の姉で、三人きょうだいの長女です。



母は専業主婦ですが、あまり体が丈夫な方でなく、わたしの弟を生んだ頃、叔母に一緒に住んでもらい、家事を手伝ってもらっていたようです。

そんな事情もあって、わたしは祖母の家によく預けられていました。




母がいつもわたしに言うのは、

「人とかかわることをやめたらダメ。」

ということ。



小学生の頃いじめられていた時、
大学1年生の頃、自分の進路はこれでよかったのか悩んだ時、
流産した時。



外の世界へ出て行くのが億劫になりました。
過食症と拒食症を繰り返しました。
生きて行くのが、しんどくなりました。



でも、
それは、
叔母から見れば、
「甘え」にしか、
見えなかったでしょう。


親が働いていたから、
配偶者が働いてくれたから、
引きこもることができる。
人とかかわらず、生きていることができる。



引きこもっても、生きている。


人に依存して、生きている。


そんな人間に生きる意味はある?




そう思うと、
だんだん、
どんどん、
外の世界は遠くなりました。



母は、そばに居るときも居ない時も、わたしが外に出なくなるとき、わたしを引っ張り出す、背中を押すタイミングを知っていました。



母親だからなのか…




手を引っ張って連れ出すのでは、
ありません。

そばに来て、
そっと、こう言うだけ。


nicoちゃん、人とかかわることをやめちゃだめ。」


そう、ひとこと言えば、

わたしが、
今、人とかかわる方法を、
自分で、考えて、
玄関から外の世界へ出て行くことも、
母は知っていました。


自分で納得して外へ出て行くためには、
納得する時間も必要だということも。


思い悩む時間もたっぷりと必要で、
でもそれは長過ぎてもダメで。
タイミングが大事でした。


自分で納得して、
自分の足で外へ出ると、
外の世界は新鮮で、
楽しいこともたくさん見つかりました。




今、

わたしはまた、少し引きこもっています。
有給引きこもりですけど。

わたしは、
この引きこもりは、
次に踏み出す新しい一歩のための充電期間だと、
知っています。



引きこもりができる人は、
現実を直視できている人。

見えているから、
知っているから、
生きるのが、
外の世界とかかわるのが、
辛くなる。



納得するまで、
自分の見た現実を受け止め、
自分も見つめて、

それから、
また外の世界に出て行けばいいんだと、
今は、そんなふうに、思っています。




引きこもりを上手に使って、
人とかかわることを続けていく。


母に教えてもらった、
生きる裏技。


引きこもる贅沢が許されるのなら、
そんな生き方もいいんじゃないかと。

そうやって、
ゆっくり一歩一歩、
ていねいに進んでいくのもいいんじゃないかと。







頭の中や、
心の中で作り上げても、
それは絵空事
現実の中にしか、
答えはないんだと、
今はそんなふうに思っているんです。





それに何より、
心の中に絵を描くよりも、
現実に絵を描く方がずっと楽しい。



ちょっとエネルギーを使うし、
がんばりすぎると病気もするけど。
だけど、やっぱり、
その方が、ずっと楽しいと思うんです。





現実を心で感じることができたなら、
次は人とのかかわりの中で現実を自分の手で描こう。
(きっと、たいせつなことは、わたしはもう、知っているから。)



わたしがいつも気を付けていること。







nicosa

PVアクセスランキング にほんブログ村